車の処分でお金をもらう|車を売る時に知っておきたいこと|コツを知って高く売却する

車を売る時に知っておきたいこと|コツを知って高く売却する

玩具の車

車の処分でお金をもらう

車内

買取店に売却する

年式が古い車や走行距離が多い車、事故車、故障による不動車、車検切れの車を自宅に放置してある場合、その車の処分方法として廃車という方法があります。廃車は、もう使用しない車を業者に引き取ってもらうもことを指し、自動車抹消登録を行い、その後、解体業者やリサイクル業者にその車が渡るという流れとなるでしょう。廃車の手続きに費用が掛かることがあります。しかし、廃車を専門に買取る業者があり、ここで処分を依頼すれば費用が掛かるどころか、買取にてお金がもらえます。車の状態や車検残等により価格の違いがありますが、必ず買い取り価格が告げられてお金がもらえます。事故車で動かないからと言ってあきらめる必要がないのです。

どうしてお金になるのか

廃車がお金になる理由として、3つあります。まず1つ目は、国内では無価値と考えられる車でも、新興国市場では走行可能というだけで価値観が高く、とくに日本製の中古車の場合世界的に見て価値が高く、耐久性に関して信頼性が高いです。そのため、高値で転売されることがあります。2つ目はリサイクル市場は、リビルド部品として利用できる部品はすべて回収されます。低年式者の修理にリビルド部品が使用されることが多く、とても貴重な資源と言えます。3つ目にリサイクル市場としてスクラップ業者があり、鉄や銅などの金属部材が回収され、再び金属製品としてリサイクルされます。金属は相場により取引されており、経済成長が盛んな国で必要とされている資源です。